noimage

Grete Jalk

グレーテ・ヤルク

グレーテ・ヤルク(Grete Jalk、1922年-)は、王立美術大学家具科でコーア・クリントに師事し、その後様々な事務所で働いた。成形合板による力強い作品や、彼女の作品には常に何かしらのアイデアが隠されている。幅広いデザイン分野で活躍、評論や編集など研究者としての側面を持つデザイナー。

略歴

グレーテ・ヤルク(Grete Jalk、1922年-)

1946年 工芸学校卒業。

1955年-1960年 工芸学校家具科教師。

1954年 自身の事務所設立。

1956年-1962年/1968年-1974年 雑誌「モビリア」副編集長。

1987年 「デンマーク家具デザイン40年」書籍編集。

1946年 家具工業組合コンペティション1位。

1953年 ジョージ・ジェンセンコンペティション1位。

1955年 ダール壁紙コンペティション。

等。

Tokyo Vintageで販売中、販売済みの商品

0 Comments

Leave a reply