ボーエモーエンセン

Børge Mogensen

ボーエ・モーエンセン

ボーエ・モーエンセン(Børge Mogensen、1914年-1972年)は、1942年、王立美術大学家具科を卒業。コーア・クリントの生徒であり、理解者でもあった。彼のデザイン視点は常に大衆であり、一般家庭であった。家具寸法の標準化による様々なユニット収納家具デザインは時代の魁であり、世界初のユニット家具とも言われている。またテキスタイルデザインにも力を注いだ。1950年、自身の事務所を設立し、優れたデンマーク家具のアイデンティティーを打ちたてた一人。2014年に生誕100周年を迎えた。。

略歴

ボーエ・モーエンセン(Børge Mogensen、1914年-1972年)

1942年 王立美術大学家具科を卒業。

1942年-1950年 生活協同組合家具部門の主任。

1945年-1947年 王立美術大学家具科助手。

1950年 エッカースベアー賞。

1950年 自身の事務所を設立。

1958年 家具工業組合年度賞。

1971年 デンマーク家具賞。

その他数多くの賞を受賞。

Tokyo Vintageで販売中、販売済みの商品

0 Comments

Leave a reply