会員規約

 

 

第1章 総則


第1条
定義
1. 「サービス」とは、東京ヴィンテージ合同会社(以下「東京ヴィンテージ」といいます)が提供する各種ウェブサイト(以下「東京ヴィンテージサイト」といいます)において、東京ヴィンテージが提供する会員向けの各種サービス及び東京ヴィンテージが東京ヴィンテージの名称で提供するサービス(以下「TOKYOVINTAGE」といいます)のことを指します。

2. 「会員」とは、本規約を承認し、サービスを利用するために東京ヴィンテージ所定の入会登録を行い、東京ヴィンテージがその入会登録を承認した個人及び法人を指します。会員には出品者会員と購入者会員があります。出品者会員は東京ヴィンテージサイト内で商品を出品できる会員を指します。購入者会員は東京ヴィンテージサイト内で商品を購入できる会員を指します。

3. 「会員等」とは、会員、会員登録の申込者、及び東京ヴィンテージサイトの閲覧者(以下「サイト閲覧者」といいます)を指します。ただし、以下では、会員等とサイト閲覧者を併記する場合があります。また、特に断らない限り、第三者にサイト閲覧者も含まれるものとします。

4. 「本規約」とは、本会員規約、東京ヴィンテージサイト特約、今後追加される新サービスを含む各種サービスに関する特約、お客さま情報の取扱規定(以下「プライバシーポリシー」といいます)、及び各種サービスに関するご利用ガイドの全てを指します。特約、プライバシーポリシー及びご利用ガイド(ご利用上の注意を含みます)は、本規約の一部を構成するものとし、本規約は、それら全てを含むものとなります。

5. 「コンテンツ」とは、東京ヴィンテージが提供する東京ヴィンテージサイトに会員等が掲載・送信した画像や映像、言葉、文等を指します。

6. 本条の定義は、特に断らない限り、本利用規約、東京ヴィンテージサイト特約、お客さま情報の取扱規定(プライバシーポリシー)、及び各種サービスに関するご利用ガイドにおいても、適用されます。


第2条
本規約への同意
1. サービスを利用するには、本規約に同意の上、会員となる必要があります。本規約に同意できない場合は、東京ヴィンテージが提供する各種サービスをご利用できません。

2. 本規約は、全ての会員に適用され、会員登録手続時及び登録後に、お守りいただくことが必要となります。


第3条
お客さま情報の取扱規定
(プライバシーポリシー)への同意
1. サービスは、各サービスを提供している東京ヴィンテージが提供する東京ヴィンテージサイト上に記載されるプライバシーポリシーに従って提供され、会員の個人情報は、当該プライバシーポリシーに従って取り扱われます。

2. 会員等は、サービスの利用またはサービスを提供しているウェブサイトを閲覧する前に、各サービスを提供している東京ヴィンテージが提供する東京ヴィンテージサイト上で、プライバシーポリシーを必ず確認し、その内容に同意の上、サービスのご利用またはサービスを提供しているウェブサイトを閲覧してください。


第4条
規約の変更・追加
1. 東京ヴィンテージは、会員等に事前に通知することなく、本規約の全部または一部を任意に変更でき、また本規約を補充する規約・特約(同規約・特約も本規約の一部を構成します)を新たに定めることができます。

規約の変更・追加は、サービスを提供するウェブサイトに掲載した時点から効力を発するものとし、その後全てのサービスは、変更・追加後の規約によるものとします。

2. 会員等は、前項の内容を十分に理解し、定期的に本規約の最新の内容を確認する義務を負うものとし、東京ヴィンテージに対して、規約の変更・追加に関する不知を申し立てることはできません。

3. 東京ヴィンテージは、規約の変更・追加により会員等に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等に対して一切の責任を負いません。


第5条
必要事項の規定・変更
1. 東京ヴィンテージは、会員等が発信または掲載したコンテンツの保存期間、ディスク容量、問い合わせ回数、出品回数、再出品回数、アクセス回数、アクセス期間など、東京ヴィンテージが必要と判断した事項について、会員等への事前の通知なく、自由に規定及び変更できるものとします。

2. 東京ヴィンテージは、前項の規定及び変更により会員等に生じた一切の損害について直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等に対して一切責任を負いません。

3. 第1項の規定及び変更の効力は、東京ヴィンテージがウェブサイトに内容を反映させた時点から生じます。


第6条
サービスの終了・変更等
1. 東京ヴィンテージは、何らの予告なく、東京ヴィンテージの任意の判断で、サービスの全部または一部を終了・一時停止・変更・追加できるものとします。

2. 東京ヴィンテージは、前項のサービスの終了・一時停止・変更・追加に起因する一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等及び第三者に対して一切責任を負いません。


第7条
紛争の解決・東京ヴィンテージへの補償
1. 会員は、サービスを利用するにあたり、特に本規約第24条から第32条及び、東京ヴィンテージサイト特約第4条から第10条を順守しなければなりません。なお、会員が本規約に違反する行為を行なったと東京ヴィンテージが認めた場合、東京ヴィンテージは本規約に基づき保護すべき者の利益保護に必要な措置を取るものとし、これに対して違反者は一切異議を述べません。

2. 東京ヴィンテージは、東京ヴィンテージに故意または重過失がある場合を除き、サービスに関連して会員等間または会員等と第三者間で発生したトラブルについて、責任を負いません。万一トラブルが生じた場合、当事者間で解決していただきます。なお、当該トラブルにより東京ヴィンテージが損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。

3. 会員等及び第三者が、東京ヴィンテージのサービスに関連して他者と紛争(裁判だけでなくクレームや請求などあらゆるトラブルを含みます)を行う場合、東京ヴィンテージに故意または重過失がある場合を除き、各自の費用と責任において解決していただきます。なお、会員等及び第三者は、当該紛争の対応のために東京ヴィンテージに生じた弁護士費用を含むあらゆる費用及び賠償金等を、連帯して負担することに同意するものとします。

4. 会員等及び第三者は、東京ヴィンテージとの間で紛争が生じた場合、当該紛争に関連して東京ヴィンテージに発生した弁護士費用を含むあらゆる費用を、連帯して負担することに同意するものとします。

5. 東京ヴィンテージは、本サービスの円滑な運営のために必要であると東京ヴィンテージが判断した場合には、会員同士のトラブルに介入できるものとします。


第8条
準拠法・裁判管轄
1. 本規約は、日本法に基づき解釈されるものとします。会員等と東京ヴィンテージの間で生じた紛争については、その訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第9条
通知方法
1. 東京ヴィンテージは、会員に通知及び連絡の必要があると東京ヴィンテージが判断した場合、会員が登録した会員情報に記載されている電子メールアドレスまたは住所に対し、電子メールまたは郵便を用いて通知及び連絡を行います。ただし、親権者の同意を確認するための連絡の場合は、電話により連絡をする場合があります。

2. 東京ヴィンテージは、東京ヴィンテージからの通知及び連絡が不着であったり遅延したことによって生じる損害について、会員等に対して一切責任を負いません。

3. 会員等が東京ヴィンテージに通知、連絡、問合せをする必要が生じた場合、会員等は、東京ヴィンテージが提供するサービスの東京ヴィンテージサイト上に記載の窓口に対し、電子メールまたは郵便をもって行うこととし、電話や来訪は受け付けません。

4. 東京ヴィンテージは、前項に基づいて会員等から問合せがあった場合、その時点で社内ルールに従い、会員等の本人確認を行うことができるものとします。また、問合せに対する回答方法(電子メール、書面による郵送、電話など)については、その都度東京ヴィンテージが最適と考える方法を利用して回答することができます。


第2章 会員資格


第10条
会員登録
1. 会員登録手続は、会員となる本人が行ってください。会員となる本人以外が行う登録は一切認められません。

2. 会員等は、会員登録時及び会員登録後に、東京ヴィンテージが提供するサービスを利用するにあたり、虚偽の登録を行うことを禁止します。正確且つ真実の情報を登録してください。

3. 会員は、登録内容に変更がある場合には、直ちに東京ヴィンテージ所定の手続により登録内容を修正しなければならず、また、会員は、常に会員自身の正確な情報が登録されているように、登録内容を管理・修正する責任を負います。

4. 登録内容に変更があったにもかかわらず、会員が東京ヴィンテージ所定の手続により変更の届出をしていない場合、東京ヴィンテージは、登録内容の変更のないものとして取り扱うことができます。変更の届出があった場合でも、変更登録前に行われた取引や各種手続は、変更登録前の情報に準拠することがあります。

5. 東京ヴィンテージは、会員が会員登録をしたことにより生じた損害に関し、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員に対して一切責任を負いません。


第11条
会員資格
1. 満18歳未満の方は、会員となることができません。

2. 満18歳以上であっても未成年の方が会員登録をされる場合は、会員となること及び本規約に従ってサービスを利用することについて、事前に親権者の包括的な同意を得なければなりません。親権者の同意の有無につき、東京ヴィンテージから親権者に対し確認の連絡をする場合があります。

3. フリーメール以外のメールアドレスを保有していない方については、会員となることをお断りする場合があります。


第12条
会員IDとパスワードの管理
1. 会員は、登録した会員IDとパスワードを会員自身の責任の下でしっかりと管理してください。会員は、会員資格・会員ID・パスワードを第三者に利用させたり、譲渡したり、売買したり、質入したり、貸与したり、賃貸したり、その他形態を問わず処分することはできません。

2. 会員ID及びパスワードを利用して行われたあらゆる行為の責任は、第三者が会員本人の同意なく行った場合や不正に使用された場合であっても、会員IDを保有している会員の責任とし、東京ヴィンテージは、その行為によって生じた一切の損害について、会員の故意や過失の有無を問わず、一切責任を負いません。但し、東京ヴィンテージの故意または重過失により会員ID及びパスワードが第三者に知られた場合はこの限りではありません。

3. 会員が利用した機器・回線・ソフトウェア等により生じた責任及び損害、並びに会員がサービスを利用する上での過誤による責任及び損害は、全て会員が負うものとし、東京ヴィンテージは、会員の故意や過失の有無を問わず、一切責任を負いません。

4. 会員ID及びパスワードの情報が第三者に漏洩した場合、速やかに東京ヴィンテージまでご連絡ください。この場合、東京ヴィンテージは、当該会員IDとパスワードによるサービス利用の停止または終了を行うことはできますが、その情報漏洩によって生じたあらゆる損害について一切責任を負いません。但し、東京ヴィンテージの故意または重過失により会員ID及びパスワードが第三者に知られた場合はこの限りではありません。

5. 会員は、ログインしてサービスを利用した後、必ずログアウトするようにしてください。ログアウトを確実に行わないと、第三者が、ログインしている当該IDとパスワードによって不正にサービスを利用できてしまいます。

6. 会員は、定期的にパスワードを変更し、トラブル回避に務める義務を負います。その義務を怠った場合に生じた責任及び損害について、東京ヴィンテージは一切責任を負いません。


第13条
会員資格の取消等
1. 東京ヴィンテージは、会員が下記のいずれかに該当したと東京ヴィンテージが判断した場合、事前の通知なく、会員資格の取消、会員に関連するコンテンツや情報の全部または一部の削除、全部または一部のサービスへのアクセスの拒否などの措置をとることができます。その場合、東京ヴィンテージは、その理由を説明する義務を負いません。

(1) 法令または本規約に違反した場合
(2) 不正行為があった場合
(3) 会員が登録した情報を東京ヴィンテージが虚偽の情報であると判断した場合
(4) 他の会員や第三者に不当に迷惑をかけたと東京ヴィンテージが判断した場合
(5) 他の会員や第三者とのトラブル発生率が、故意・過失を問わず、一定水準を超えた場合
(6) パスワードの入力に関して東京ヴィンテージが判断する一定回数以上の入力ミスがあった場合
(7) 東京ヴィンテージが定める一定期間内に一定回数以上のログインがなかった場合
(8) 第11条の会員資格を満たさなくなった場合
(9) その他東京ヴィンテージが会員に相応しくないと判断した場合

2. 東京ヴィンテージは、ある会員が会員に相応しくないと東京ヴィンテージが判断した時点から、当該会員が掲載したコンテンツの削除や、サービスの利用に基づき当該会員が東京ヴィンテージまたは他の会員等に対して有する権利の行使を一時的に停止したり権利自体を取り消すことができます。

3. 東京ヴィンテージは、会員資格を取り消された会員に対し、将来に亘って東京ヴィンテージが提供するサービスの利用及びアクセスを禁止することができます。

4. 東京ヴィンテージは、本条の措置によって会員に生じる一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切責任を負いません。東京ヴィンテージは、本条の措置の時点で当該会員に支払われることとなっていた金銭について、東京ヴィンテージの判断により、一定期間その支払を保留したり、支払をせずに東京ヴィンテージが指定するほかの方法により清算することができます。
(会員が本規約第28条第25号に掲げる禁止事項に違反したことによって本条の措置がとられた場合は、東京ヴィンテージは、東京ヴィンテージへの損害賠償とは別に、本条の措置の時点で当該会員に支払われることとなっていた金銭を違約金として没収できるものとします)


第14条
会員の退会
1. 会員が退会を希望する場合は、東京ヴィンテージ所定の手続により退会することができます。ただし、退会の手続を行った時点で、取引の決済や商品の郵送など取引の手続が未了のものがある場合は退会することができませんので、会員は、一連の未了の取引を本規約に従って遅滞なく円滑に進め、完了させた後、退会手続きを行ってください。

第3章 東京ヴィンテージの役割


第15条
東京ヴィンテージの役割
1. 会員がサービスを利用して行う他の会員との取引は、会員同士の直接取引となります。

2. 東京ヴィンテージは、有効に成立した会員間取引の結果として生じる、出品者会員に対する成約手数料率を決定し、事前に告知するものとします。

3. 東京ヴィンテージは、有効に成立した会員間取引の結果として生じる、購入者会員からの金銭の回収、出品者会員からの商品の発送確認、購入者会員からの商品の受け取り確認、及び出品者会員への金銭の支払手続を担うものとします。

4. 東京ヴィンテージは、会員同士の取引に関する一切の事項について、原則として責任を負いません。但し、東京ヴィンテージは、会員が、本規約、プライバシーポリシー、その他関連法令に違反する行為があったと東京ヴィンテージが認めた場合は、本規約、プライバシーポリシー、その他関連法令に基づき保護すべき者の利益保護に必要な措置を取るものとし、これに対して違反者は一切異議を述べません。


第16条
サービス水準等の非保証等
1. 東京ヴィンテージは、サービスの内容・品質・水準、サービスの安定的な提供、サービスの利用に伴う結果などについては、一切保証しません。

2. 東京ヴィンテージは、会員等に対して、アドバイスや情報提供を行うことはありますが、これらに対して責任を負うものではありません。また、これらのアドバイスや情報提供は行いますが、会員やサイト閲覧者等の報告や質問等の内容に依存する部分がありますので、東京ヴィンテージは、会員等に対して、そのアドバイスや情報提供の正確性や有用性を保証しません。


第17条
コンテンツに対する責任の所在
1. 東京ヴィンテージは、原則として、会員等がサービスに関連して発信または掲載したコンテンツの内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性などの確認はしません。

2. 東京ヴィンテージは、サービスに関連したコンテンツ(出品された商品等に関する事項、会員等が発信または掲載した事項など)の内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性などについては、一切保証せず、一切責任を負いません。

3. 東京ヴィンテージは、会員等及び第三者が東京ヴィンテージのコンテンツを利用することにより生じる一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等及び第三者に対し、一切責任を負いません。

4. 会員等がサービスに関連して発信または掲載したコンテンツに関する一切の責任は、当該会員等が負うものとします。

5. 会員等は、他の会員等が発信または掲載するコンテンツに対して、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性などを、会員等自身で判断する必要があります。


第18条
コンテンツの利用
1. 会員等がサービスに関連して発信または掲載したあらゆるコンテンツについて、会員等は、東京ヴィンテージに対し、当該コンテンツを複製、公開、投稿、第三者への提供、貸与、頒布、送信、送付、譲渡、販売、翻案、翻訳など、無償且つ独占的に、日本の国内外においてあらゆる使用をできる権利及び第三者に利用させることができる権利(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます)を、許諾するものとし、また、会員等は、東京ヴィンテージに対し、著作者人格権を行使しません。ただし、本条の定めは、東京ヴィンテージが別途同意した場合を除き、他の会員等や第三者にコンテンツを使用する権利が与えられることを意味するものではありません。

2. 東京ヴィンテージの提携先、東京ヴィンテージから業務の委託を受けた代行業者及び東京ヴィンテージから指定された管理者は、会員等が提供した情報について、それらを複製、頒布及び削除する権利を有するものとします。


第19条
コンテンツの削除
1. 東京ヴィンテージは、会員等が本規約に違反しまたは本規約の精神に照らして不適切な行為を行ったと東京ヴィンテージが判断した場合は、会員等がウェブサイトに掲載したあらゆるコンテンツを、事前の通知なく、東京ヴィンテージの独自の判断で削除できます。

2. 東京ヴィンテージは、コンテンツが東京ヴィンテージのサービス内容として適切でないと東京ヴィンテージが判断した場合、当該コンテンツを自由に変更や削除できるものとします。

3. 東京ヴィンテージは、第22条(著作権侵害の場合の取扱い)に基づく書面を受領した場合は、東京ヴィンテージの判断により、問題となっているコンテンツを削除することができるものとします。ただし、本項の定めは、東京ヴィンテージがコンテンツを削除する義務を負うことを意味するものではありません。


第20条
システム等についての非保証
1. 東京ヴィンテージは、サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルスなど有害なものが含まれていないことについて、一切保証しません。東京ヴィンテージは、サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルスなど有害なものが含まれていたことにより生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等及び第三者に対して一切責任を負いません。

2. 東京ヴィンテージは、本サイトへのアクセス不能、会員のコンピュータにおける障害、エラー、バグの発生等について、会員等及び第三者に対して、一切責任を負いません。

3. 東京ヴィンテージは、コンピュータ、システム、通信回線などの障害により、会員等及び第三者が被った一切の損害(データ消失、システムの中断、不正アクセスなど)について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等及び第三者に対して一切責任を負いません。


第21条
広告・リンク先に関する損害
1. 東京ヴィンテージは、東京ヴィンテージのウェブページに掲載されている広告や東京ヴィンテージから会員等に送信する電子メールに掲載されている広告によって、会員等及び第三者が被った一切の損害に関し、会員等及び第三者に対して、一切責任を負いません。

2. 東京ヴィンテージは、会員等が書き込んだ他のウェブサイトやリソースへのURLにより、そのリンク先で生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等及び第三者に対して、一切責任を負いません。


第22条
著作権侵害の場合の取扱い
1. 東京ヴィンテージは、第三者の知的財産権を尊重しています。

2. 東京ヴィンテージが提供するサービス内において、ご自身の著作物の著作権が侵害されている場合には、東京ヴィンテージに対して書面の郵送をもって、以下の情報をお送りください。その際、書面を作成された方が、著作権者または著作権者から正当な代理権を与えられた方であることを証明する書類を添付してください。

(1) 著作権者の氏名、捺印、住所、電話番号、電子メールアドレス
(2) 申告者が著作権者ではなく、著作権者から法律上の正当な代理権を与えられた方の場合、上記(1)に加えて、当該代理権を示す書類、当該代理人の氏名、捺印、住所、電話番号、電子メールアドレス
(3) 著作権が侵害されていると主張する著作物の作品名等、著作物についての内容
(4) 著作権が侵害されていると主張する著作物の利用等が、著作権者に無断で行われていると判断した法律的な根拠
(5) 著作権が侵害されていると主張する著作物の掲載場所と保管場所
(6) 著作権が侵害されていると主張する東京ヴィンテージのウェブサイトのURLと画面を印刷した画像

3. 前項に基づき書面をお送り頂いたとしても、それにより、東京ヴィンテージがなんらかの行為を行うことを保証するものではございません。また、郵送頂いた書面は、いかなる場合でも、お返しすることができません。

4. 著作権以外の権利の侵害については、本条に準じて取り扱うものとします。


第23条
東京ヴィンテージへのお問い合わせ
1. 東京ヴィンテージに関するお問い合わせは電子メールにて

宛てにご連絡いただくものとします。
(東京ヴィンテージカスタマーサポート営業時間:平日11〜18時)


第4章 会員等の責任


第24条
インターネット接続環境
1. サービスをご利用いただくためには、インターネットに接続する必要があり、会員等の費用と責任において、サービスを利用するために必要となる回線・機器・ソフトウェアその他一切の手段をご用意いただくことが必要となります。その通信手段・機器・ソフトウェアの設置や操作についても、会員等の費用と責任において、適切に行っていただく必要があります。

2. 東京ヴィンテージは、前項の機器等の準備、設置、操作に関し、一切関与せず、会員等に対するサポートも行いません。

3. 会員等は、サービスを利用する過程で、種々のネットワークを経由することがあることを理解し、接続しているネットワークや機器等によっては、それらに接続したり、それらを通過するために、データや信号等の内容が変更される可能性があることを理解したうえで、サービスを利用するものとします。


第25条
クレジットカード決済に係る代理権
1. 会員は以下の各号につき、東京ヴィンテージに代理権を授与するものとします。

(1) 決済代行会社からの立替払金等の受領
(2) 決済代行会社への通知、審査依頼及び決済代行会社からの通知等の受領
(3) その他決済代行会社との取引に関連する事項

2. 東京ヴィンテージは、決済代行会社又はクレジットカード会社から要請を受けた場合、会員に対し、要請内容に係る調査又は回答を請求することが出来るものとする。


第26条
会員の行動規範
1. 会員等は、本規約、プライバシーポリシー、その他関連法令に違反してはいけません。

2. 会員等が、本規約、プライバシーポリシー、その他関連法令への配慮を怠ることにより生じる一切の責任及び損害は、当該会員等が負担するものとし、会員等は、それによって東京ヴィンテージに損害が生じた場合には、東京ヴィンテージに発生した弁護士費用を含むあらゆる費用及び賠償金等を、連帯して負担することに同意するものとします。

3. 東京ヴィンテージは、会員等が、本規約、プライバシーポリシー、その他関連法令を遵守することを、一切保証しません。但し、東京ヴィンテージは、会員等に本規約、プライバシーポリシー、その他関連法令に違反する行為があったと東京ヴィンテージが認めた場合は、本規約、プライバシーポリシー、その他関連法令に基づき保護すべき者の利益保護に必要な措置を取るものとし、これに対して違反者は一切異議を述べません。

4. 会員等は、東京ヴィンテージから提供された他の会員等の登録氏名、住所、電話番号等の個人情報を、サービスを利用する目的でのみ利用するものとし、当該個人情報を第三者に提供するなど、サービス利用以外の目的でこれを利用してはなりません。ただし、当該会員等の間で「お問い合わせ」機能を用いること等により、自己の個人情報が開示された会員等が事前に同意した場合はこの限りではありません。


第27条
反社会的勢力の排除
1. 東京ヴィンテージ及び会員等は、その相手方に対し、次の各号の事項を確約いたします。

(1) 自らが、暴力団、暴力団員、暴力団構成員、暴力関係企業、総会屋等、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力団、またはこれらの者と密接な関わり(資金その他の便益提供行為を含みます)を有する者及びこれらに準じる者(以下「反社会的勢力」といいます)ではないこと
(2) 自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいいます)が反社会的勢力ではないこと
(3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本規約に基づく契約を締結するものでないこと
(4) サービスを利用する場合に、自らまたは第三者を利用して次の行為をしないこと。

(a) 相手方に対する脅迫的な言動または暴力を用いる行為
(b) 偽計または威力を用いて相手方の業務を妨害し、または信用を毀損する行為

2. 東京ヴィンテージまたは会員等の一方が、上記に違反した場合には、その相手方は、何らの催告を要せずして、サービスを停止し、終結された契約を解除することができるものとします。

3. 東京ヴィンテージは、この停止及び解除によって、会員等及び第三者に生じた損害や不利益について、一切責任を負いません。

4. 東京ヴィンテージは、反社会的勢力によるサービスの利用を禁止します。東京ヴィンテージは、会員等及び第三者がこれらの者と該当すると判断した場合、事前に通知することなく、サービスの提供を停止することができます。東京ヴィンテージは、この提供停止によって会員等及び第三者に生じた損害や不利益について、一切責任を負いません。


第28条
禁止行為
1. 東京ヴィンテージは、サービスに接した会員等及び第三者が、下記各号に掲げる行為や表現(以下「禁止事項」といいます)を行うことを禁止します。「表現」とは、会員情報の登録から商品の出品、各サービスへの問い合わせなど、会員等が東京ヴィンテージが提供する東京ヴィンテージサイト上に書き込むことができる全ての記述、並びに他の会員等に対する電子メール、電話、配送商品に添付したレターなどにおける記述を指します。以下の禁止事項は、東京ヴィンテージにより適宜追加修正される場合がありますので、会員等は、サービスの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。

(1)法令または本規約(プライバシーポリシーを含みます)に違反する行為と表現

(2)本規約の精神に照らして不適切と東京ヴィンテージが判断する行為と表現

(3)東京ヴィンテージのご利用上の注意に反する行為と表現

(4)東京ヴィンテージのサービス運営を妨げる行為と表現

(5)自分以外の人物を名乗る行為と表現

(6)他人の会員資格を利用して東京ヴィンテージのサービスを利用する行為

(7)他人の権利及び利益を侵害する行為と表現

(8)青少年の心身に悪影響を与える行為と表現

(9)公序良俗に反する行為と表現

(10)わいせつな行為と表現

(11)虚偽の表現

(12)他人が、理解することができないもしくは、誤解や混乱をする虞のある行為と表現
(13)他人のプライバシーを侵害したり、名誉を毀損したり、その他他人に精神的損害を与える行為と表現

(14)会員等自らまたは他人の詳細な個人情報(本名、住所、メールアドレス及び電話番号を含むあらゆる連絡先)を発信もしくは掲載する行為と表現

(15)他人に経済的損害を与える行為と表現

(16)他人に肉体的損害を与える行為と表現

(17)他人が迷惑や不快感を感じる虞のある行為と表現

(18)他人と紛争が生じる可能性のある行為と表現

(19)民族差別・人種差別を意識させるかまたはそれらにつながる行為と表現

(20)倫理的視点で認められないと東京ヴィンテージが判断する行為と表現

(21)東京ヴィンテージの事前の書面による許可なく、東京ヴィンテージのサービス外のところで、商業目的で、東京ヴィンテージが提供するあらゆるサービス、コンテンツ、情報、システム、機能、プログラム等の全部または一部を利用する行為

(22)商業用の広告、宣伝を目的とした行為と表現

(23)東京ヴィンテージが運営する以外のウェブサイトやリソースへリンクを貼る行為

(24)東京ヴィンテージが運営する以外のウェブサイトやリソースのURLを書き込む行為

(25)サービスを介さない直接取引の勧誘など、あらゆる勧誘活動の行為と表現(その示唆を含みます)

(26)選挙運動に関するあらゆる行為と表現

(27)コンピュータウィルスの送信など、コンピュータの機器や回線、ソフトウェア等の機能に悪影響を及ぼす行為

(28)東京ヴィンテージが提供するサービスに繋がっているサーバーやネットワークに対して悪影響を及ぼす行為

(29)東京ヴィンテージがサービスを提供する上で関係するあらゆるシステムに対して、不正にアクセスする行為

(30)東京ヴィンテージが提供するインターフェイスとは別の手法を用いてサービスにアクセスする行為

(31)東京ヴィンテージのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェアのセキュリティホールやエラー、バグ等を利用した行為

(32)東京ヴィンテージのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェア、プロトコル等をリバースエンジニアリングや逆アセンブルなどの手法により解読する行為

(33)東京ヴィンテージのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェア、プロトコル等の改ざん、修正等の行為

(34)東京ヴィンテージのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェア、プロトコル等の複製、二次利用の行為

(35)その他、東京ヴィンテージが不適切と考える行為と表現

2. 会員等が第1項に掲げる禁止事項を行った場合、当該会員等が、故意過失を問わず、当該禁止事項により損害を受けた会員等及び第三者に対する損壊賠償責任を含む一切の責任を負うこととします。東京ヴィンテージは、当該禁止事項が行われたことにより会員等または第三者に生じる一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切責任を負いません。

3. 会員等が第1項に掲げる禁止事項を行ったことにより、東京ヴィンテージが損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。


第29条
サービス外における商業目的での利用の禁止
1. 会員等及び第三者(個人、法人を含みます)が、東京ヴィンテージが提供するサービスの全部または一部(コンテンツや情報、情報の集合体から、機能、システム構成、個別プログラムソースを含みますがこれに限定されるものではありません)を、転用、転売、送信、頒布、使用、複写、複製、翻訳、翻案、貸与などいかなる手法によるかを問わず、商業目的で利用することを固く禁止します。ただし、東京ヴィンテージの代表者印による事前の文書による許可を受けた場合を除きます。

2. 会員等及び第三者が第1項に違反した場合、東京ヴィンテージは当該会員等及び第三者に対し、違反行為の開始時から違反行為が解消されるまでに、当該違反行為によって、当該会員等及び第三者が得た利益相当額を請求できる権利を有します。


第30条
東京ヴィンテージの知的財産権
1. 東京ヴィンテージのサービスに含まれる工業所有権、ノウハウ、プログラム、著作権その他の知的財産権及びそれらに関連する全ての権利は東京ヴィンテージに帰属するものとし、会員等及び第三者は、あらかじめ東京ヴィンテージより書面による承諾を得た場合を除いて、これらの複製、販売などはできません。

第31条
第三者の知的財産権の尊重
1. 会員等は、他の会員等及び第三者の知的財産権を尊重する義務があります。

2. 会員等は、権利者及び権利者から許諾を受けた者が権利を有していることを強く記憶に留め、サービスを利用する義務があります。

3. 会員等は、前項の義務を怠ったことにより、権利者または権利者から許諾を受けた者との間で紛争が生じた場合は、会員等の責任と費用で解決するものとし、東京ヴィンテージには一切迷惑をかけません東京ヴィンテージが損害を被った場合は、会員等は東京ヴィンテージに対し、弁護士費用を含むあらゆる損害を賠償する責任を負います。

4. 会員等は、東京ヴィンテージが提供するサービスだけでなく、広告主の広告宣伝等についても、著作権・商標権・意匠権をはじめとする権利により保護されていることにご注意ください。

5. 東京ヴィンテージは、会員等が第三者の知的財産権を侵害している恐れがあると判断した場合は、会員等がウェブサイトに掲載したあらゆるコンテンツを、事前の通知なく、東京ヴィンテージの独自の判断で削除できるものとします。


第32条
海外が関連する取引
1. 会員等は、海外が関連する取引を行うに際し、国や地域ごとに、法律、文化、商慣行、風習、価値観、規制等が異なることを理解し、何が許されて何が許されないかを自己の責任と費用で確認し、それらを遵守する義務を負います。

2. 会員等は、東京ヴィンテージが提供する海外に関連するサービスを利用する場合、以下の全てを承諾した上で、利用するものとします。

(1) 国や地域ごとに法律、文化、商慣行、風習、価値観、規制等が異なることによるリスクが存在すること
(2) 当該サービスを利用したことにより生じたトラブルは、自己の費用と責任で解決し、東京ヴィンテージは一切関与しないこと
(3) 当該トラブルにより会員等が被った直接損害及び間接損害は、全て自己で負担するものとし、東京ヴィンテージは、一切責任を負わないこと
(4) 当該トラブルにより東京ヴィンテージが損害を被った場合は、会員等は東京ヴィンテージに対し当該損害を賠償する義務を負うこと
(5) 会員は海外から商品を購入する場合、原則輸入者として、関税・消費税その他一切の日本における納付義務を負うこと
(6) 会員は海外から商品を発送する場合、通関書類等に東京ヴィンテージを輸入者または委託者として記入してはならないこと


*改定 2014年10月10日。
*本規約は2014年7月31日から全ての会員に適用されるものとします。

東京ヴィンテージサイト特約


第1条
東京ヴィンテージサイト特約等の適用
1. 東京ヴィンテージが、東京ヴィンテージの名称で提供するサービス(以下「TOKYOVINTAGE」といいます)については、本東京ヴィンテージサイト特約のほか、会員規約、お客様情報の取扱規定(プライバシーポリシー)及びTOKYOVINTAGEに関するご利用ガイドが適用されます。

第2条
TOKYOVINTAGEの内容
1. TOKYOVINTAGEの内容は、本東京ヴィンテージサイト特約及びTOKYOVINTAGEに関するご利用ガイドに規定するものとします。

第3条
東京ヴィンテージの役割
1. 東京ヴィンテージは、会員同士が売買契約等を締結するために、マーケットプレイスを提供しますが、売買契約等の契約当事者にはなりません。ただし、東京ヴィンテージは、本サービスの円滑な運営のために必要であると東京ヴィンテージが判断した場合には、会員同士のトラブルに介入できるものとします。東京ヴィンテージは本特約第7条に定める内容を保証します。

第4条
出品できない商品等について
1. 東京ヴィンテージは、全ての会員が法令に則って安全且つ快適にTOKYOVINTAGEの利用を行っていただくために、以下の商品の出品及び以下のサービスを含むサービスの出品を禁止します。以下に該当する商品を出品した場合、出品者の故意又は過失であるか否かに関わらず違反行為とみなし、予告なく出品の削除及び会員資格の制限または停止を行う可能性がありますので、出品者は十分に注意を払って(もしくは事前に調べた上で)出品してください。また、以下のリストは、東京ヴィンテージにより適宜追加修正される場合がありますので、会員等はTOKYOVINTAGEの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。尚、的確にご理解いただくため、項目の後ろに( )書きで補足説明を記入している場合がありますが、( )はあくまでも当該項目に当てはまる一例であり、全てではないことをお気をつけください。

(1)クレジットカード決済できない商品
(2)法令に違反する商品(刀や拳銃などはここに入ります)
(3)公序良俗に反する商品(低俗・わいせつな商品が幅広く入り、児童ポルノに関連する商品はここに入ります)
(4)アダルト関連の商品(スクール水着、ブルマ、学生服など、アダルト関連として意識されうる商品も入ります)
(5)競馬・競輪・パチンコなど、賭博やギャンブルに関係する商品
(6)人体及び人体の一部やペットなどの生体
(7)医薬品、医療機器、銃剣類、消火器など、販売に許認可・登録・届出等が必要となる商品
(8)食品、飲料、たばこ等(市販の加工済み製品、ドリンク・アルコール類、サプリメント等を含む)
(9)富くじ・チケット・金券類
(10)寄付、募金、宗教のお布施
(11)犯罪により入手した商品
(12)他人の権利を侵害する商品(偽ブランド品(商標権)やコピーガードキャンセラー(著作権、不正競争防止法に違反するもの)などはここに該当します)
(13)他人のプライバシーを侵害したり、名誉を毀損したり、他人に精神的損害を与える全ての商品
(14)他人に経済的損害を与える商品
(15)武器として使用されることを目的に持つ商品(スタンガン、弾薬などはここにはいります)
(16)人種差別を意識させる商品
(17)旅行代理サービスなど、販売に許認可・登録・届け出等が必要となるサービス
(18)出会い系サービス
(19)危険ドラッグ(いわゆる合法ドラッグ)
(20)転売を目的とした中古品の出品
(21)会員規約の「第4章会員等の責任 第30条禁止行為」に抵触する商品
(22)購入者が出所を誤認する恐れがあると東京ヴィンテージが判断した商品
(23)その他、東京ヴィンテージが不適当と判断した商品


第5条
商品の出品について
1. 本特約及び会員規約を承認し、サービスを利用するために東京ヴィンテージ所定の入会登録を行い、東京ヴィンテージがその入会登録を承認した個人及び法人が出品者会員として商品を出品することができます。

2. 出品者会員は、入会時に会員規約、本特約への同意及び、WebPay利用規約PG-WebPay利用規約トヨタファイナンス加盟店規約への同意と、本人確認書類(印鑑登録証明書、履歴事項全部証明書等の写し)等の登録に必要な書類を提出をする必要があります。

3. 出品者会員は、商品の出品において、取引が円滑に完了した時点で東京ヴィンテージより告知された規定の手数料を支払うものとします。

4. 出品者会員は、商品の出品において、正確性、適法性、的確性、有用性、明瞭性をもって説明を行う必要があります。

5. 出品者会員は、出品する商品の情報(画像や説明等)を、東京ヴィンテージの所定の方法にて、東京ヴィンテージに提出するものとします。

6. 出品者会員は、出品する商品を当該商品を的確に表すカテゴリー以外に出品してはいけません。

7. 出品者会員は、出品する商品と直接関係のない画像を当該出品情報として提出してはいけません。

8. 出品者会員が真に出品する意思のない商品、その商品を見た人がその商品情報だけでは正しく商品を理解できないか混乱する可能性のある商品、「わかる人だけ購入してください」など商品説明で十分な説明を行わない商品など、東京ヴィンテージが不適切と判断したあらゆる場合において、その商品や当該商品に対して発生していた購入行為など、取引に関連する全ての資格を東京ヴィンテージの判断で取り消すことができることとします。また、東京ヴィンテージの判断により、会員資格の取り消しも行うことができるものとします。本項に基づく取消によって、会員等及び第三者に生じる一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、東京ヴィンテージは一切責任を負いません。

9. 出品者会員は、商品に関係のない文言の登録をしてはいけません。

10. 出品者会員は、他人の権利を侵害する恐れがある画像や文言の登録をしてはいけません。

11. 東京ヴィンテージは、本特約及び会員規約に従い、東京ヴィンテージが許可する商品に関して、規定の期間内に出品者会員の提出した情報に基づいて当該商品をTOKYOVINTAGEに掲載する作業を行います。

12. 東京ヴィンテージは、出品者会員から提出のあった情報の掲載に関して、東京ヴィンテージの判断で文章の修正又は画像の加工等の作業が出来るものとします。提出内容により、東京ヴィンテージは出品者会員に追加情報の要求をすることができるものとし、出品者会員はそれに従うものとします。

13. 東京ヴィンテージの作業により掲載された商品に関して、取引の成約が長期間されないなどの状態に陥った場合でも、東京ヴィンテージは、会員等及び第三者に対し、そのことによって生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切責任を負いません。但し、東京ヴィンテージの故意または重過失により誤った情報掲載をした場合はこの限りではありません。また、東京ヴィンテージは、本サービスの円滑な運営のために必要であると東京ヴィンテージが判断した場合には、会員同士のトラブルに介入できるものとします。

14. 東京ヴィンテージは、TOKYOVINTAGEに掲載された商品について、取引が円滑に完了した時点で、出品者会員に対し、東京ヴィンテージが規定する支払方法にて、出品者会員に商品売上を支払います。


第6条
商品の購入について
1. 本特約及び会員規約を承認し、サービスを利用するために東京ヴィンテージ所定の入会登録を行い、東京ヴィンテージがその入会登録を承認した個人及び法人が購入者会員としてTOKYOVINATGEに出品されている商品を購入することができます。

2. 購入者会員は、商品の購入決定後、所定の期日までに商品金額全額を東京ヴィンテージの定める方法にて東京ヴィンテージに預託します。お支払方法が銀行振込の場合には、ご注文決定より7営業日以内にご入金手配してください。所定の期日までにお支払の確認がとれない場合には、購入の意思なしとみなし、キャンセルといたします。購入者会員は、お支払が所定の期日に間に合わない場合、事前に東京ヴィンテージに報告するものとします。

3. 購入者会員は商品到着後、必ず東京ヴィンテージの定める方法にて、東京ヴィンテージに商品到着の報告をしなければなりません。一定期間(商品到着後2日以内)に報告のない場合、東京ヴィンテージは購入者会員に東京ヴィンテージが最適と考える方法にて連絡確認をいたします。

4. 購入者が購入した商品の支払いまたは商品到着の報告を東京ヴィンテージへ怠った場合、もしくは東京ヴィンテージが不適切と判断したあらゆる場合において、その商品に対して発生していた購入行為など、取引に関連する全ての資格を東京ヴィンテージの判断で取り消すことができます。また、東京ヴィンテージの判断により、会員資格の取り消しも行うことができるものとします。本項に基づく取消によって、会員等及び第三者に生じる一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、東京ヴィンテージは一切責任を負いません。ただし、東京ヴィンテージは、本サービスの円滑な運営のために必要であると東京ヴィンテージが判断した場合には、会員同士のトラブルに介入できるものとします。


第7条
TOKYOVINTAGEあんしん制度について
1. 東京ヴィンテージは、購入された商品に関して、購入者会員から商品に対する支払いの確認が出来ない限り、出品者会員に商品発送の依頼をいたしません。

2. 東京ヴィンテージは、出品者会員からの商品発送の確認及び購入者会員から商品が届いたことの確認がとれるまで、出品者会員に商品売上の支払いをいたしません。

3. 東京ヴィンテージは、以下の場合に限り、購入した商品の返品に応じるものとします。またそれに伴い、東京ヴィンテージが商品の返品を認めた場合、出品者会員は当該商品の返品に応じるものとします。

(1) 商品が模造品・海賊版であることが判明した場合
(2) 商品に瑕疵があった場合
(3) ご注文と異なる商品が届いた場合
(4) 配送中に破損した商品の場合

4. 購入者会員は、東京ヴィンテージが定める手順に従って前項に定める返品を申請するものとし、出品者会員は前項に定める返品を承諾するものとします。
前項(1)から(3)については返送にかかる費用は出品者会員が負担し、購入者会員が購入した時点の販売価格、配送料を東京ヴィンテージより購入者会員に返還いたします。前項(4)に関しては、出品者会員と出品者会員が利用した配送業者間の取り決めに従い、解決するものとします。その際、商品返送となった場合には、返送にかかる費用は出品者会員が負担し、購入者会員が購入した時点の販売価格、配送料を東京ヴィンテージより購入者会員に返還いたします。商品価格の一部返還や、修理をすることにより、解決する場合には、一部返還金や修理費用は出品者会員が利用した配送業者との取り決めに従い負担し、東京ヴィンテージは当該取引が完了したことを確認後、通常通り、出品者会員に規定の金額を支払うものとします。


第8条
商品及びコンテンツ等に関する免責
1. 東京ヴィンテージは、TOKYOVINTAGEを通じて販売される商品及びコンテンツにつき、その品質、材質、機能、性能、他の商品との適合性、その他の欠陥、またはこれらが原因となり生じた損害、損失、不利益等については前条のTOKYOVINTAGEあんしん制度による場合を除き、いかなる保証・負担も負いません。

2. 東京ヴィンテージは、配送先不明等によるトラブルに関しては、一切責任を負いません。

3. 東京ヴィンテージは、TOKYOVINTAGEのトップページ、TOKYOVINTAGE内の商品ページ及び各コンテンツページ上において、会員等が提出した商品及びコンテンツに関するコメントの内容について、当該コメントの内容が事実に反するものであったとしても、これによる会員等間、会員等及び第三者間に生じた損害に対しては、東京ヴィンテージに故意または重過失がある場合を除き、一切責任を負いません。

4. 東京ヴィンテージは、本サービスの円滑な運営のために必要であると東京ヴィンテージが判断した場合には、会員同士のトラブルに介入できるものとします。


第9条
利用履歴及びコンテンツの公開
1. 会員等がTOKYOVINTAGEを利用した利用履歴(購入者会員が購入した商品履歴を含みます)や、会員等がTOKYOVINTAGEに関連して発信または掲載したコンテンツ(他の会員等に行った問い合わせ内容を含みます)などは、東京ヴィンテージが定めたフォーマット及び東京ヴィンテージが定めた期間公開され、他の会員等や第三者が閲覧することができます。

2. 本条に基づく取扱いの詳細は、プライバシーポリシー(「個人情報の取り扱いに関する同意条項」)及びご利用ガイドに規定します。

3. 東京ヴィンテージは、本条に基づき個人情報が公開されたことによって会員等に生じた損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、会員等及び第三者に対して、一切責任を負いません。


第10条
サービス停止時の取扱い
1. 会員等がサービスを利用している途中でサービスが停止した場合には、8日間という商品取引期限(商品取引終了時間)は延長される場合があります。その場合の延長期間は東京ヴィンテージが定めることとします。

*改定 2014年11月23日。
*改定 2014年10月10日。
*本特約は2014年7月31日から全ての会員に適用されるものとします。