vol.24 Modus easy chair / Kristian Vedel

Date: 2018年3月19日 Category:

Modus Easy Chair / Kristian Vedel


1961年~1980年に製作されていた、Kristian Vedel(クリスチャン・ヴェデル)デザインによる
ファニチャーシリーズ “Modus(モデュス)”。
最初の製作会社は、Søren Willadsen。
共通のモジュールでチェア、オットマン、テーブルは設計されており、
組み合わせによって無数のレイアウトを可能にしていることに加え、
当時ドイツやアメリカに向けて輸出されたこのシリーズは輸送など梱包サイズにも配慮された。
クリスチャン・ヴェデルの作品中、もっとも優れた作品とも言われるデンマークの名作椅子。

 
modus171119-02


当時、世界に向けてハイエンドな家具を作り続けていたデンマークの家具生産者達が、
世界的な高度成長期を背景に、大量生産を視野に入れたデザインをしていた。
Modusもまた、ローズウッドに本革クッションの組み合わせからもわかるようにその高品位は残しつつ、
モールドウレタン成形のアームと背クッション、羽毛入りの座クッション、
シート下のハイテンションネット構造等々、新しい試みが随所に現れた60年代の多くを反映した逸品。

 
modus171119-11

modus171119-03

modus171119-12

Modus easy chair / Kristian Vedel >>
 
 


Modus Easy Chair

デザイナー:Kristian Vedel
製作会社:Søren Willadsen
製作年代:1960-80年代
生産国:デンマーク
材質:ローズウッド/レザー
サイズ:W725*D635*H615 SH360mm
pour annick USED..から出品中